すやすや快眠のおすすめ収納ベッドはこれだ!(Weitblick)その7 疲労回復のための良質な快眠 佐藤君通販専門店

皆さん、こんにちは!

今日は、快眠を得るための生活方法を改めて、考えてみたいと思います。

先日、NHKの土曜日朝の番組『助けて!きわめびと』で『科学的に疲労を解消!』というテーマで、睡眠に関してとても興味深い話がありました。

思わず食い入るように見入ってしまいました。

日常的にとても疲労が溜まったご夫婦が登場して、その疲労を解消しようという内容構成です。

疲労回復方法のポイントは、以下の通りです。

1.疲労回復には良質の睡眠が必要である

2.疲労回復には効果的な食材をとる

と、いうことでした。

やはり、睡眠が疲労回復のカギを握ることは、間違いありません。

番組では、その睡眠の質を高めるために、いびきをかかない方法を紹介していました。

仰向けの姿勢だと呼吸が苦しくなり、いびきをかいてしまうが、横向きに寝ると、呼吸が楽になり、いびきをかきにくいとのこと。

そのために、腰にテニスボールを詰め込んだウエストポーチをつけて寝ると、横向きの睡眠が得られやすいという内容でした。

なるほどです。

睡眠中としては、いびきをかかない姿勢を確保して睡眠姿勢を維持することはとても大切ですね。

皆様も是非ご参考してください。

また、2項目目の疲労回復に効果のある食材は、一番が鶏の胸肉でした。他には、マグロやカツオが良いとの話でした。

こちらも日々の食事のメニューに反映されると、疲れが取れやすくなると思います。

この3食材共に、わたくしは大好物です。ラッキーです。

さて、番組を見ていて、すごく気になったことがあります。

この番組で主人公になっていたご夫婦のベッドです。

どこのどんなベッドかはもちろんわかりませんでしたが、大柄の旦那様と奥様がお二人で寝るには、とても小さめなセミダブルのベッドでした。

断定はできませんが、あのスペースでは、十分な休息をとることは難しいと思います。

皆さまも人の睡眠中の姿勢の変化をご覧になったことがあると思いますが、どんな人でもかなり動き回ります。

当然ながら、狭いスペースでお二人でお休みになれば、かなりの頻度で無意識の体の接触があり、寝姿勢が制限されて、ストレスになっていると推定されます。

できれば、十分なスペースのあるダブルベッドでお休みになれば、疲労回復も効果が更に上がると思われます。

居住スペースの問題もありますが、疲労回復は生活にとって、最重要課題の一つですので、可能な限り、十分な快眠スペース確保を図っていただければと思います。

 

また、疲労回復のための快眠確保のためには、睡眠前の準備がとても大切になります。

前回以前の投稿でも触れておりますが、以下の点を改めてご確認いただいて、快眠生活をお楽しみください。

1.夕食後3時間以上経過してから睡眠する(睡眠中の内臓負担を軽減する)

2.アルコール飲料を飲んだ場合は極力素面状態で睡眠する(睡眠中の肝臓等の負担を軽減する)

3.お風呂(ぬるめ)やシャワーで心身を清めてリラックスして睡眠する

4.ヨガやストレッチ体操等で体や心をほぐして睡眠する

5.ベッドに不安や心配等を決して持ち込まない(潜在意識に定着しやすいため)

以上、睡眠前の準備、十分なスペースと良質なベッド、睡眠中の適切な姿勢等を確保して、爽やかで気持ちの良い快眠をお取りください。

赤ちゃん写真10/11

本日は最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

本日が、皆様にとって、最高のいい日になることを祈っております。

それでは、また、お会いいたしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です