夏の暑い夜の寝汗にさよなら! 快眠!冷感マット ドライブリーゼ!

今年も6月に入り、いよいよ本格的な夏の暑さが近づいてきましたが、日本の夏の夜は、湿気なども手伝って暑く、寝苦しさを感じることも多いですよね。

そしてこの時期、寝具と背中の間にかくいわゆる「寝汗」は悩ましくって、寝苦しさに直結してしっまっています。

a0002_002187_m_tiny
人は本来、体温が下がると眠くなるリズムになっていて、体温と睡眠には密接なつながりがあるのですが、寝具と背中の間に熱と湿気がたまって「寝汗」状態になってしまうと、体温が下がらず、眠りに入っていけない。。

だからといって、エアコンを強く効かせてしまうと、逆に体の表面ばかりが過剰に冷えてしまう一方で背中は依然として暑く、均一な体温の下がり方にならずに不快で眠れない。。

みなさんも、こんな快眠にはほど遠い状態に、毎年悩まされてはいませんか?

 

今回ご紹介するいいものは、まさしく、

「寝汗」の原因である、寝具と背中との間にこもってしまう熱と湿気を本格的な方法で根本から取り除き、夏の暑い時期でも「快眠」を手に入れるために開発された、「冷感マット ドライブリーゼ」です!

dry-bleeze_01_tiny

◆寝苦しさの解消!
なんと言っても、冷感マット ドライブリーゼの最大の特徴は、寝苦しさの原因を根本から取り除くために考えられた、その構造にあります!

 

ドライブリーゼには、東洋紡の開発した3次元スプリング構造体「ブレスエアー」が採用されていますが、このブレスエアーは、体積の96%が空気層という非常に高い通気性を誇っています。

冷感マット ドライブリーゼでは、このブレスエアーの空気層を利用することで、静かさを考慮して足元に設置した爽風ファンとの組み合わせによって、背中から出た熱や湿気を素早く取り除いて寝汗を解消し、寝苦しさを取り除いてくれるんです!

背中の温度と湿度が下がることで、体の表面と背中の状態が均一に近づくので、暑い夜でも、弱目にかけたエアコンで部屋全体を調節することで、快適に眠りにつくことができます。

dry-bleeze_02_tiny

dry-bleeze_03_tiny

冷感マット ドライブリーゼは、空気の循環量は毎分300L、温度で最大約2.2℃、湿度で最大約26%の下がり幅があるので、通常のマットレスなどではどうしてもこもってしまう熱と湿気を根本から取り除いて、朝まで快眠を提供してくれます。

しかもありがたいことに、それだけ効果がありながら、電気代は毎日8時間ずつ使用しても1ヶ月で約19円と、とっても経済的なのでおすすめです!

冷感マット ドライブリーゼで、今年の夏こそ、快適で充分な睡眠を確保してください!

この他、ドライブリーゼにはいくつもおすすめポイントがありますが、それはまた次回ご紹介したいと思います!

夏の暑い夜の寝汗にさよなら! 快眠!冷感マット ドライブリーゼ!” への1件のコメント

  1. ピンバック: 涼しく快眠だけじゃない!冷感マット ドライブリーゼ! | いいもの見つけた!人気のグッズ大集合!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です