すやすや快眠のおすすめ収納ベッドはこれだ!(Weitblick)その9 収納性の活用に関して 佐藤君通販専門店

皆さん、こんにちは!

収納ベッドには、大きな機能が二つあります。

当たり前で済みません。

一つは睡眠を確保すること、もう一つは収納することです。

睡眠に関しては、快眠を確保する方法、基本の生活習慣、呼吸の話(いびき防止)、腰痛防止の話等色々させて頂きました。

その際、Weitblickの様々な快眠機能を支える特長に関してもお話をしてきました。

 

本日は、収納に関して、ご説明させていただきます。

そもそもベッドは、生活空間の中で、大きな場所を物理的に占有しますね。

ベッドがあるために、部屋のかなりの部分が制約されます。

逆に言えば、そのベッド空間をいかに活用するかが、部屋全体の機能を最大化させることになります。

そこから収納ベッドの役割が重要になってきます。
収納ベッドの役割は、ベッドの下部には収納機能があり、ベッドの上部には生活機能が付与されていることです。
ここでは、まず収納ベッドの下部の収納機能そのものに関して、見ていきます。
部屋のレイアウト、広さ、ベッド設置場所、収納の量や質により、収納ベッドの種類を選択できます。
従って、あなたのお部屋に合った、そして、収納するアイテムに合ったベッドを選択できます。
収納は、2種類に分かれます。
一つは引出し収納で、普段使用するものである衣類やリネン類や子供のおもちゃ、小物などを整理できて、一目瞭然で頻繁な出し入れが簡単にできます。
もう一つは長物収納で、引き出しのない部分も有効活用して収納しにくい長物などをすっきり収納できますので、お部屋がすっきり広々した雰囲気になります。
この収納のタイプにより、ベッドはAタイプとBタイプに分かれます。
Aタイプ: ベッドサイドフレーム、フット側の引出しには、頻繁な出し入れが必要なアイテムが多いときに便利なタイプです。
シングルサイズ:(1)(2)ベッドサイドフレーム側(2杯)、(3)フット側(1杯)+(4)長物収納(床板下)
セミダブルサイズ:(1)(2)ベッドサイドフレーム側(2杯)、(3)(4)フット側(2杯)+(5)長物収納(床板下)
Bタイプ: カーペット、ラグなどの長物や、旅行カバン、季節製品が多く収納できるBタイプ、フット側にも頻繁に出し入れするアイテムの収納ができる引出しが付いています。
シングルサイズ:(1)フット側(1杯)+(2)長物収納(床板下)
セミダブルサイズ:(1)(2)フット側(2杯)+(3)長物収納(床板下)
豊富な組み合わせパターン
AタイプとBタイプの最も典型的な組み合わせ収納タイプをセットにしております。
それ以外の組合わせも自由
です。ご使用するご家族の人数、又は部屋のレイアウトによって豊富なパターンからお好きなコンビネーション。

 

また、収納ベッドの上部機能である生活機能は以下の通りです。

機能的なデザインヘッドボードデザインで、ベッドとの連続性、一体感のあるデザインになっています。

お気に入りの小物や目覚まし時計などを置ける棚、携帯電話、子供のゲーム機の充電に便利なコンセント付です。

以上、今回は、Weitblickの収納機能に関して、ご説明させて頂きました。

 『佐藤君店長のまとめ』

一日の始まりは爽やかな朝、一日の終わりはすやすや快眠で、今日の充実と明日の更なる元気につなげたいものです。

国内最高品質に裏打ちされた健康安心のすやすや快眠と、大収納機能を併せ持ったWeitblickで、さわやかな朝と快適な広々居住空間を楽しみください!!!

より詳しく内容は、下記クリックでご確認ください。

下記URLは、商品のトップページです(様々な収納ベッドをご紹介しています)。

http://shop.moshimo.com/satokunyunejitsugenshunobed/

下記URLは、ファリミーサイズの商品ページです。

http://shop.moshimo.com/satokunyunejitsugenshunobed/0001254867.html

赤ちゃん写真10/11

本日は最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

本日が、皆様にとって、最高のいい日になることを祈っております。

それでは、また、お会いいたしましょう!

すやすや快眠のおすすめ収納ベッドはこれだ!(Weitblick)その8 腰痛解消のための良質な快眠 佐藤君通販専門店

みなさん、こんにちは!

先日、NHKの人気TV番組で『ガッテン!』を見ておりましたら、腰痛の根本解決策が最近東京大学病院で発見されたことが放送されていました。

私はスポーツのやりすぎで、時々軽い腰痛があるので、とても興味深く見入ってしました。

腰痛の根本解決策のヒントは、番組内であった以下のこの穴埋め問題です。

『~~のいい人は腰痛になりやすい』と言う問題です。

『~~』の部分が何かが問題です。

解答者ゲストから、私の記憶では確か『心がいい人』、『目がいい人』、『姿勢がいい』等のユニークかつ鋭い解答がありましたが、いずれもはずれでした。

正解は、『寝相のいい人』は腰痛持ちになりやすいとの驚くべき解答でした。

つまり、睡眠中に寝返りを打たないで、寝入った仰向け姿勢から変化がない状態が最悪の寝姿勢であり、腰を痛める決定的な原因であるとのことでした。

NHKのスタッフが、寝返りをまったく打てない状態で7時間寝るとの設定で、実験をしました。

起き際に、そのスタッフの方は冷や汗を流しながら、腰を抑えつつ、こんな過酷な実験はないと、本当に苦しそうにその辛い辛い体験の実感をお話になりました。

赤ちゃんが寝返りの練習を何回もトライして、やっと出来るようになりますが、その懸命の行為は実に腰痛対策上極めて重要であった訳です。

寝返り

神様の人間に対する生きる術の与え方、例えば、この場合は、寝返りですが、本当に驚きですね。

つまり腰痛持ちの方は寝相のいい方が多いため、睡眠中にいかに寝返る回数を増やすかが、その具体的な対策になります。

番組では、脚の太ももの部分から肩の筋肉までで硬直している部分がないかをチェックして、そのコリを解消するために、4つのストレッチ方法を紹介しておりました。

上記の体の部分に、筋肉のコリがあると、寝返りを打ちにくくなるため、その筋肉のコリを解消することが、直接的な腰痛対策になるとの考え方です。

ここでは、つまり、何を言いたいかと言えば、我々にとって、とても身近な苦痛の種の一つである腰痛も実に睡眠に深い関係があるとの厳粛な事実です。

それでは、腰痛対策上ベッドとして、どんなことを考えるべきなのでしょうか?

その解答としては、以下の2点であると考えられます。

1.睡眠中に極力腰に負担がかからない設計になっていること

2.睡眠中に寝返りが打ちやすいベッドであること

 

1点目の腰に負担がかからないベッド設計としては、Weitblickは以下の構造上の工夫がなされています。

・ポケットコイル構造:スプリング一つ一つが不織布のポケットで包まれて独立しているため、体の圧力分散に優れて、体形や姿勢の凹凸に合わせてフィットします。そのため、点で体を支える構造なので、腰や背骨の負担をバランスよく分散します。

・ボンネルコイル構造:スプリング状のコイルをそのままマットレスの全面に配置し、連結したもので、こちらは点でなく面で支える構造のため、適度に硬く、弾力があり、腰を守ります。

・高密度連続スプリング構造:部分的な落ち込みがなく、理想の寝姿勢を維持する良質の寝心地と、耐久性、通気性といいた衛星面に高い配慮が施されています、また、1本の銅線を連続して編み込んであり、体を面で支える構造のため、背中や腰の部分的な落ち込みがなく、理想の寝姿勢を維持します。

以上の三つの構造が睡眠中の腰の負担を軽減します。

 

また、2点目の睡眠中に寝返りが打ちやすいというのは、以下の点が重要になります。

・寝返りを妨げない広々としたスペースが確保されていることです。

こちらは部屋のスペースの制約がありますので、可能であれば、大きめのサイズがいいと思います。

部分的な落ち込みがなく、寝返りを妨げないと構造状の配慮がなされていることで、上記の高密度連続スプリング構造等が当てはまります。

 

以上、今回は腰痛対策の視点で、快眠条件を考えてみました。

日常生活で睡眠に関心を持っていると、本当にいろいろな有益な情報が巷に溢れていることに驚かされます。

疲労回復、腰痛対策、心の安定(マインドフルネス)、仕事の能率アップ等実な様々な視点で睡眠が関わってきます。

今回取り上げた腰痛対策としてのベッドの位置づけは、ご参考にして頂けたでしょうか?

 

『佐藤君店長のまとめ』

一日の始まりは爽やかな朝、一日の終わりはすやすや快眠で、今日の充実と明日の更なる元気につなげたいものです。

国内最高品質に裏打ちされた健康安心のすやすや快眠と、大収納機能を併せ持ったWeitblickで、さわやかな朝と快適な広々居住空間を楽しみください!!!

より詳しく内容は、下記クリックでご確認ください。

下記URLは、商品のトップページです(様々な収納ベッドをご紹介しています)。

http://shop.moshimo.com/satokunyunejitsugenshunobed/

下記URLは、ファリミーサイズの商品ページです。

http://shop.moshimo.com/satokunyunejitsugenshunobed/0001254867.html

赤ちゃん写真10/11

本日は最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

本日が、皆様にとって、最高のいい日になることを祈っております。

それでは、また、お会いいたしましょう!

すやすや快眠のおすすめ収納ベッドはこれだ!(Weitblick)その7 疲労回復のための良質な快眠 佐藤君通販専門店

皆さん、こんにちは!

今日は、快眠を得るための生活方法を改めて、考えてみたいと思います。

先日、NHKの土曜日朝の番組『助けて!きわめびと』で『科学的に疲労を解消!』というテーマで、睡眠に関してとても興味深い話がありました。

思わず食い入るように見入ってしまいました。

日常的にとても疲労が溜まったご夫婦が登場して、その疲労を解消しようという内容構成です。

疲労回復方法のポイントは、以下の通りです。

1.疲労回復には良質の睡眠が必要である

2.疲労回復には効果的な食材をとる

と、いうことでした。

やはり、睡眠が疲労回復のカギを握ることは、間違いありません。

番組では、その睡眠の質を高めるために、いびきをかかない方法を紹介していました。

仰向けの姿勢だと呼吸が苦しくなり、いびきをかいてしまうが、横向きに寝ると、呼吸が楽になり、いびきをかきにくいとのこと。

そのために、腰にテニスボールを詰め込んだウエストポーチをつけて寝ると、横向きの睡眠が得られやすいという内容でした。

なるほどです。

睡眠中としては、いびきをかかない姿勢を確保して睡眠姿勢を維持することはとても大切ですね。

皆様も是非ご参考してください。

また、2項目目の疲労回復に効果のある食材は、一番が鶏の胸肉でした。他には、マグロやカツオが良いとの話でした。

こちらも日々の食事のメニューに反映されると、疲れが取れやすくなると思います。

この3食材共に、わたくしは大好物です。ラッキーです。

さて、番組を見ていて、すごく気になったことがあります。

この番組で主人公になっていたご夫婦のベッドです。

どこのどんなベッドかはもちろんわかりませんでしたが、大柄の旦那様と奥様がお二人で寝るには、とても小さめなセミダブルのベッドでした。

断定はできませんが、あのスペースでは、十分な休息をとることは難しいと思います。

皆さまも人の睡眠中の姿勢の変化をご覧になったことがあると思いますが、どんな人でもかなり動き回ります。

当然ながら、狭いスペースでお二人でお休みになれば、かなりの頻度で無意識の体の接触があり、寝姿勢が制限されて、ストレスになっていると推定されます。

できれば、十分なスペースのあるダブルベッドでお休みになれば、疲労回復も効果が更に上がると思われます。

居住スペースの問題もありますが、疲労回復は生活にとって、最重要課題の一つですので、可能な限り、十分な快眠スペース確保を図っていただければと思います。

 

また、疲労回復のための快眠確保のためには、睡眠前の準備がとても大切になります。

前回以前の投稿でも触れておりますが、以下の点を改めてご確認いただいて、快眠生活をお楽しみください。

1.夕食後3時間以上経過してから睡眠する(睡眠中の内臓負担を軽減する)

2.アルコール飲料を飲んだ場合は極力素面状態で睡眠する(睡眠中の肝臓等の負担を軽減する)

3.お風呂(ぬるめ)やシャワーで心身を清めてリラックスして睡眠する

4.ヨガやストレッチ体操等で体や心をほぐして睡眠する

5.ベッドに不安や心配等を決して持ち込まない(潜在意識に定着しやすいため)

以上、睡眠前の準備、十分なスペースと良質なベッド、睡眠中の適切な姿勢等を確保して、爽やかで気持ちの良い快眠をお取りください。

赤ちゃん写真10/11

本日は最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

本日が、皆様にとって、最高のいい日になることを祈っております。

それでは、また、お会いいたしましょう!