【実録】もしもで実際にAmazonペイメントで購入してみたら、とっても簡単でした。

もしもでアマゾンペイメント

みなさん、こんにちは。

もしもドロップシッピングの成功ノウハウを
お伝えするもしも大学公認講師の宮川です。

もしもドロップシッピングに
Amazonペイメントが導入されましたね。

Amazonペイメントが始まった時、いいなぁ、と思っていたのですが、
もう、もしもに導入されるとは。

セールスで世界No.1とも呼ばれている
ジョー・ジラードが著書の中で、
決済はなるべく多い種類の方がよい、と書いています。

決済、というと、通販の場合、
着払い、カード払い、銀行振込などがありますが、
Amazonペイメントも支払方法の一つの選択肢です。
しかもとても素早く簡単な!

ジョー・ジラードの言葉にあるように、
もしもは新しい決済方法を実現しました。
これはとても注目すべきところです。

ここは、やっぱり買ってみるしかないでしょう!
一緒に流れを見てみましょう!

ちなみに今年は自分を鍛えるぞ!ということで、
ダイエット器具から何か手ごろなものを見つけてみました。

カートに入れて
cart6

レジへ進み
(右下にちらっとAmazonペイメントが出ていますネ)
cart2

”Amazonアカウントでお支払”を選び
cart3

Amazonにログイン
cart4

OKをクリックして、
cart7

届け出先、登録カードを選び、注文確定!
cartf

注文終了!
carte

こんな流れで
カード情報や、住所を入力しないで気軽に決済が完了します。
届け出先、登録カードがそのままでよい人は、
Amazonにログインするだけ、のとてもシンプルな決済です。

手順が多く感じたかもしれませんが、
ログイン以外はポチポチ押していくだけです。

今までの方法だと
会員登録する・しないを選んでボタンを押し
cartb

お届け情報を入力し、とちと手間取りそうですね。
carta

もちろんもしマーケットに登録していたら
購入は簡単ですが、
Amazon登録者の方が登録者は圧倒的に多いですからね。
特にスマホの場合、威力を発揮しそうです。

私の場合、iphoneですが、全角スペースがすぐに入力できず、
全角のみ受け付けるフォームの場合、いらいらして
途中で登録をやめる、ということが多々あります。

実際にカートの届け出先、支払い情報入力で
挫折する人も結構多いらしいですよ。
(俗に言う”カート落ち”というやつですね。)

この作業が意外と面倒で、せっかく入れたのに、
その後、やっぱり辞ーめた、となることもあります。

Amazonペイメントなら少しでもこの”カート落ち”を
防いでくれそうですね。

「買っちゃった。」という状態までいけば、
諦めた気持ちにもなれるのに、
「買っちゃった。」の前に入力画面があると、
「やっぱり、どうしようかな。」という人がいるんじゃないかな、と。
私もよくこの段階で辞めたりします。

だから、少しでも迷わせず
「買っちゃった。」->「入力画面」->「支払う」
より
「買っちゃった。」->「払う」
ほうがよいわけですね。

AmazonペイメントはAmazonの会員なら、
ログインさえすれば、面倒な手続き不要で
あっという間に購入完了。

そのため、カートボタンを押して、
簡単な手続きで、
「買っちゃったな~、もう。」と
なること請け合いです。

より気軽に買い物をしたいスマホでは、
非常に大きな貢献をしてくれそうですよね。

しかも嬉しいのがショップできすぎくんでは、
ショップを公開し直すだけで導入完了なんです。
たった、それだけ。

正確には、サイドバーの表示さえ気にしなければ、
カート部分は、もうすでに対応済みです。
そう、何もしなくても!

ちなみに公開予約が完了すれば、
サイドバーの支払方法のところにも
さりげなく「Amazonペイメント」のアピールが
されています。

こんな風に変わります。
sidea

簡単かつ、無料で導入できるって、
素晴らしいことではないですか。

ショップできすぎくん以外で導入希望の方は、
導入時にガイドラインがありますので、
そちらを熟読した上で導入してみましょう。
http://shop.ds.moshimo.com/ds/shop/support/guideline/amazonPaymentDisplay法人格でしか導入できないAmazonペイメントを
個人で利用できるのは何とも嬉しい話ですね。

買いやすくなった、ということは
売上を上げている人はさらに大きく売上を伸ばすチャンスですし、
今売上が上がっていない人も、上がるチャンスが大きくなった、
ということですね。しかも導入は簡単。

ショップできすぎくんでショップを公開している人は
もう1回公開予約をするだけです。
簡単なので今すぐにでも導入してみましょう!

余談:
ちなみにジョー・ジラードの本、おすすめですよ。
Amazon等で検索してみてください。

私は「セールスマン」って何となく嫌だな、と思っていましたが、
ジョー・ジラードの本を読んで、「セールスマン」って
面白そう、と思いましたから。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*