全国セミナー開催の5つのコツ

みなさん、こんにちは!

もしも大学公認講師の宮川です。

秋のもしもドロップシッピング向けセミナー計画中ということで、
とんとこ開催日程を埋めています。

これからセミナーを全国規模で実施される方の参考になれば、ですが、
セミナー開催日は以下の条件で決めるのがおすすめです。

1.会議室が確保できること
2.開催日に大きなイベントがないこと
3.交通手段が安く確保できること
4.宿泊施設を予約できること
5.連日でセミナー開催できる都市があること

a1180_013403
※移動経費はもっとも重要な要素の一つです

それぞれのコツを詳しく見ていきましょう。



■1.会議室が確保できること
見切り発車で航空券の手配をしてから、
会議室を決めようとするとなぜか会議室が空いていない。。
ということで高い会議室料金を払う羽目にあったりします。
また普通の会議室だと思ったら、実は和室だった。。
ということが熊本開催の時に起こりました。(実話)
セミナーが出来る会議室確保がまずは優先度第1です。

■2.開催日に大きなイベントがないこと
これも気を付けたいところです。
全国的に認知されているお祭りだと調べたりもするのですが、
その地域では有名なマラソン大会で「高橋尚子が来るんですって。」
なんてことがあったら大変です(これまた実話です)。
観光案内等のホームページで大きなお祭り、イベントがないかはチェックしましょう。

■3.交通手段が安く確保できること
新幹線移動であればまだいいのですが、
飛行機移動の場合、事前予約か直前かで交通費が大きく変わります。
交通手段を安く押さえられるところから、押さえていくのが鉄則です。
(移動経費が極小になるくらい多くの人が集まるセミナー開催者は例外ですが)

飛行機の事前割引を購入する時は日程に細心の注意を払いましょう。
キャンセル費用が大きくかかる場合があります。

私の場合、札幌行きチケットを買ってから、「おぉ、次の週がセミナーだ。」と
うっかり半額キャンセル料を泣く泣く支払ったこともあります。

普通、ありえないことなんですが、バタバタしている時も
しっかりカレンダーで確認してから予約がおすすめです。

■4.宿泊施設を予約できること
意外と盲点だったりします。

移動経費を安く抑えられても、
宿泊施設がない!!ということがたま~にあります。
私の経験では福岡開催の時にそうなるケースが多くあります。
高めのホテルを探しても、カプセルホテルまで安いところを探しても
全く空きがない。。という事態です。

なぜなら、航空チケットは直前になるとかなりの値上がりをするので
事前に気を付けて買ってはいるものの、宿泊は直前でいいでしょ、と
余裕をかましていることが多いからです。
移動手段を押さえたらホテルの予約を、とセットで考えたほうがいいですね。

福岡以外にも名古屋で経験をしました。。
名古屋もなぜか全く空きがなく、と思っていたら
安いホテルがあったので「まぁカプセルでもいいか」と思って予約をしたら
当日着いてみたら大部屋。。

「大部屋ですが、よろしいですか。」と聞かれましたが
他がないので、いざ仕方なし。
周りの方はおそらく週末飲み過ぎた方が多かったように思います。
「明日、仕事ってオレだけだろうな~。」と天井を見つめながら
なかなか寝付けませんでした。

同じく出張の方がいて
「当日、ホテルに電話をかけまくるとたいていキャンセルがあるよ」
と教えてもらいました。なるほど!そういう手もあるんですね~。

今回札幌セミナーは自分でこの鉄則を忘れてしまって
「航空券安い!」と思って日程を組んだら、
手ごろな価格のホテルがない。。のでたじたじです。
今回はカプセルホテルが空いていたのでそこを予約しました。

まぁ、大きめの風呂が好きだからいいんですけど、
仕事をバリバリできないのが難点ですね。

宿泊施設の予約はお早目に。

■5.連日でセミナー開催できる都市があること
移動経費を相対的に低く抑える方法として、
連日でセミナーを開催する、という手段があります。

例えばですが、博多で単独セミナーをするとなると
東京博多往復で特割で2万5千円程度の料金がかかります。
(JALマイレージを貯めているので、たいてい私はJAL便です)

飛行機移動を伴うセミナーは、
セミナー収益に対して交通費の占める割合が多くなるので
ここで、博多→宮崎とセミナー日程を組みます。
(2014年秋はこのパターンです)

宮崎行きは早めに買うと5千円程度でチケットが手配できるので、
合わせて3万円で2都市開催が出来、しかも両都市のうまいものが食べれる、
というおまけつきです。

ただ組み合わせで無理があると、当日セミナー会場で次の会場移動が気になって
そわそわしてしまったりするので十分余裕のある日程を組みましょう。


5つのコツをお伝えしましたが、
実際には大阪はこの日が空いてて、新宿は、博多は、札幌はと
日程を立てるのは実に面白い作業です。
このやりくりが面白くて全国回ってしまうのかも、と
思ったりもします。

今回は、少しいつもと趣向が異なりますが、
全国セミナー開催の5つのコツについてお伝えしました。