家庭用放射線測定器  エアカウンターS

3.11の東日本大震災から1年が過ぎました。

津波でたくさんの尊い命が奪われました。そして、福島第一原発の事故。

安全神話は脆くも崩れ散った。全然安全ではなかった。

予想外の事故だと東電は説明した。予想外なんかじゃない、起こるべくして起こったのだ。

事故が起きることを想定していなかった、起こるわけがないと高をくくっていた。

利益先行だけを突き進んできた結果だ。

今でも、福島第一原発から放射線量は出ているのか、政府は収束したと言っているが、メルトダウンして溶けた穴はそのままでしょう。誰もその場所に入れないのだから。

放射線セシウム、かなり広範囲に飛び広がっているようです。

私の住む岩手でも南部の方ですが、除染作業が行われました。

え、ここまで来ているの?ってビックリしましたが。この小さい島国から逃げる場所なんてないんです。

先日、仕事先で岩手県産の生シイタケをお客さんが持ってきて、このシイタケ岩手県のどこで獲れたかって聞いてきました。やっぱりセシウムを気にしてるんですよね。

ま、店頭に並んでいるのは大丈夫だと思うのですが、心配なら自分で測ってみるしかないですよね。

そんな時に一般家庭でも使える、放射線測定器 エステー エアカウンターS(家庭用放射線測定器)。見やすい、分りやすい、使いやすい。

使い勝手が良さそうです。

 

原発が悪いとは言いません、もっと二重、三重、四重にも安全を確保してほしかった。

使用済み核燃料の最終処分だって何も決まっていない。(トイレの無いマンション)でしたっけ?誰かがうまいことを言っていた。まさにその通り。

 

電気のいらない、歩ける足温器「レグぽか」はどんな商品?

早朝から、起きている私にとっての活力は、幼い子供の寝顔です。安心しきっている寝顔を見ていると今日も頑張るぞ~!と活力が出てきます。

ただ、気持とは裏腹に、体は足元が冷えてなかなか眠れない、日ごろ仕事をしていても足元が冷えて仕事に集中できない日が続いています。

どうにか、ならないのか?と思っている私にとって、最近、気になっているのは、歩ける足温器「レグぽか」です。どんなものかというと、

■電源いらずでエコ

自分の体温を熱源として温めます。中材の極小発砲ビーズの熱を遮断する性質を活かした足温具。電源も熱も燃料もいりません!自分の体温を逃がさず次第に足元がぽかぽかしてきます。足に巻くタイプで、発砲ビーズだから軽くて動きやすいです!

■すねから、ふくらはぎまで

広げると幅40㎝、横35㎝、厚み3~6.5㎝、のフリーサイズです。適度な締め付け感が、疲れた足のだるさを緩和してくれます!

■脱着しやすい!

オープンファスナーで靴を履いたままでも着脱できます。だからレッグウォーマーより簡単に装着が可能です。歩いても床に擦らないように窪みを後下部に着けてあります。

■のびる のび~る!

伸びる生地と極小ビーズの組み合わせにより、横にクーンと伸びるので脚の凹凸にフィットします!

 

歩ける足温器「レグぽか」は、欠かせないものになる予感がします!

 

季節の変わり目だからこそすすめたい  オールシーズン温度調整素材アウトラスト(R) 【IDEAL】 アイディール敷パッド(シングル)

季節の変わり目にはいつも迷うことがあります。

冬場にはマイクロファイバー素材やマイヤー素材の毛布や敷パッドを使用しているのですが

この時期まだ肌寒く感じたり、かと思うと暖かくなったり…。

週によってまだまだふんぎりのつかない毎日です。

汗ばむ季節が定着してれば
春・夏素材の定着肌触りのものに選べるのですが…。

上掛けは比較的
手軽に交換・調整できます。ですが敷パッドははずしたりつけたりも楽といえば楽ですが
上掛けに比べると…。(枕よけて、上掛けどかして、敷パッドはずして、付ける…)

オールシーズン通じて使用できる敷パッド

現段階でも結構売れている、なくなる前にいかがですか?

チョンダヨンのフィギュアロビクスでモムチャンダイエット!

先日、美容室で雑誌を見てて目に止まったのがチョンダヨンのフィギュアロビクス、モムチャンダイエット。

日中は少し汗ばむくらいの気温になって来て

そういえば毎年ゴールデンウィークあたりに衣替えするな~と思いながら

あ~薄着になってくると冬の間に蓄えたお肉どうしよう~と思ってたからか

雑誌を見てても目に付くのはダイエットグッズなどのダイエット系の内容ばかり。

冬の間は厚着なのに安心してかなり気もゆるみがちでした。

いったんコタツに入るとなかなか動けず、食べてばっかり。

身体を動かすことが少なくかなり運動不足。

 

そろそろ本格的な夏、薄着の時期に向けてなんとかしなきゃいけません。

雑誌で見たチョンダヨン モムチャンダイエットは以前にもテレビで何度か取り上げられていたから

気になってたんです。

モムチャンていうのは韓国語で「鍛え上げられた美しい体」を意味する造語なんですね。

あのダイエット界のカリスマ、チョンダヨンさんの奇跡のボディー、メリハリのある体型憧れますよね~。

 

DVDで音楽に合わせて一日30分。

音楽好きな私はこれなら楽しく続けられるかな~と食い入るように見てました。

ヨガ教室やダンス教室に行く時間も余裕もないけど

これくらいならなんとかなるかもしれないな。

この夏は私もモムチャン 目指しちゃおう~!

 

 

 

大人っぽいiPhone4や4Sのバンパーケースを探してみた!

iPhone4や4Sをお使いのユーザーさん、バンパーケースって使われてますか?

僕はケータイをバッグではなくポケットに入れて持ち歩くのですが、そのせいで以前のケータイは表面は傷が入りまくってボロボロ。ちょっと落とすぐらいのことでも全然気にせず使っていました。

けどiPhone4を始めとしたスマホって、電話というより通話ができる手の平サイズのパソコンって感じですよね。そう考えると、あまり細かいことは気にしないタイプの自分でも、表面の傷や衝撃で中身のデータに異常が出ることが心配に。そこで iPhone4や4S専用のバンパーケースでいいものがないか通販で探してみたんです。

いい年をした大人なので、見た目に安っぽいものにはしたくないな~というのと、それでいて価格的に手頃な物があればと思っていたのですが、探してみるとあったんです、そんな商品!

レザーが使用されて見た目も大人っぽいし、価格も3,000円~7,000円ぐらいで買えるのでお手頃。中にはカードケース付きの物があったりして、カード類で財布が最近膨らんできた自分としては「おおっ」て感じの発見でした。

よく読んでいるメンズファッション誌で、高級レザーが使われているiPhoneのバンパーケースがビームスで売られているというのは目にしていたのですが、20,000円前後する商品なのでさすがにちょっと高いかなと。確かにかっこいいし、持ってたらモテそうな気もするんですけどね(笑)

3,000円前後ならオンとオフでケースを替えて楽しむこともできそうなので、まずは最低限の保護をしてくれそうなケースでかつ見た目も大人っぽいレザーのタイプが今のところ第一候補です!

【Energizer(エナジャイザー) iPhone4ケース型バッテリー AP1201】

iPhone(アイフォン)ユーザーの一番の悩みといえば、すぐに切れる充電…。

持ち運びのできる商品にはいつもつきまとう悩みのひとつだと思います。
スマホ、携帯端末でできる機能が多いものほど気づくとバッテリーが…(・ω・;)
これからの行楽シーズン。
ゴールデンウイークなど出掛ける機会の多くなるこの時期に
充電を気にしないで使えるのってとても気が楽です。
今年のGWはうまく有給をとれれば9日間休みが取れるわけですし..+'(◕ฺ∀◕ฺ)..+*
価格も手頃なので このような商品をお探しの方にお薦めします。
   iPhone4を取り付けると、待受時間は最大202時間、通話時間は最大9時間、動画再生は最大7時間、音楽再生は最大27時間、インターネット(Wi-Fi)は最大7時間も延長が可能に!

プロ仕様!WLエクストラチャージが、良い訳!

業界専門誌で紹介されているプロ仕様の
美肌クリーム「WLエクストラチャージ」
について書きたいと思います。

今、私がとても後悔しているのは、若い頃、
日焼け止めを付けずにいたことです。

お肌に気を使わなかった私は、若い頃のお手入れが、
そのまま年齢を重なるうちにシミとして影響が出てくることを
実はしりませんでした。
それだけ、無頓着な20代を送っていたのです。

小麦色の肌が、もてはやされた世代だったと
言うのもあります。

ただ、今思い返すと、私の母は、若い頃から、
外出時は化粧を欠かすことがなかったそうです。
なので、50代までキレイなお肌をしていました。
シミに悩む今の私とは大違いです。

ここ数年前からは、シミがかなり気になりだしたので、
ビタミンCの入った美顔クリーム「ケシミンクリーム」は
もちろん、メラニンの生成を抑えるという美肌クリームを
いろいろ試しました。

そして、業界専門誌「エステティック通信」に毎月掲載
されているという強力な美肌クリームがあることを
しりました。
この美肌クリームについて調べてみましたので、
ご紹介しますね。

その名も、 WLエクストラチャージ

何といっても、エステで使われていると言うのは、
非常に魅力です。

なのに価格も1万円切りのお手頃価格なんですよ!
エステだと、一体いくらなんでしょうと思って
しまいました。

私が最もいいと思うのは、この美肌クリームは、
年齢の高い人ほど効果がでやすいと言うクリーム
であることです。

では、このWLエクストラチャージの特徴ですが、
ビタミンCがなんと、85%も濃縮して入っており、
更には、ビタミンEがたっぷり入ったアルガンオイル
(植物油)を配合。アルガンオイルは、美と健康に
良いと言われています。

モロッコだけでしかとれないオイルで、
「モロッコの黄金」と呼ばれるほど。
ちなみにオリーブオイルの2~3倍のビタミンEを含んで
いるそうです。

フランクフルト大学教授ミッシェル博士が、
皮膚に対するアンチエイジング効果を認めているという
ことにもビックリ!

だから、

WLエクストラチャージは、年齢の高い人ほど

効果がでやすいというわけですね。

空気清浄機 イオニックブリーズの性能

冬に比べ、昼の時間が長くなっているのが、よくわかるこの頃、こちらでは、桜が舞い始めこれからは、ツツジの季節になってきます。

それとともに、いやもう始まっているのが、花粉症・・・

外出するときは、マスクは必需品ではありますが、外での仕事が多い私にとって予防だけではなく、花粉の付着した洋服や室内の空気をきれいにしてくれる空気清浄機イオニックブリーズは欠かせません!

イオニックブリーズの性能の一番の特徴は、お手頃な値段で強力な清浄力があることです。

ヒノキ・スギ・ヨモギ・ブナなどの花粉をファンやモーターを使わずに電気の力で舞い上げずに静かに強力に集塵します。

従来品から2枚の「加速ブレード」がついて、より効果的かつパワフルに集塵します。もちろん、空気中のちり、ほこり、カビ、ダニの死骸・フン、家庭で飼っている動物の毛なども集塵します。

これからの季節は、この空気清浄機イオニックブリーズがあるから、外出しても安心です!

 

 

 

 

 

 

 

家庭用放射線測定器 エア カウンターS の使い方

日々育っていく、子供を見ていると、親として微笑ましく思えてきます。

ただ、4歳になるのに、まだ、なんでも最初は口に入れることが気になります。それが部屋であろうが、庭であろうが、近くの公園であろうがです。叱っても、なかなかやめません!石、枝、砂利、紙関係なく口に入れます。困ったものです!

ふと思うことは、石、砂利、枝、紙に放射線が着付していたら、それを子供が舐めたらどうなるのだろう?いや、付着しているのさえ分からないのは、やっぱり不安です!

家庭で空間の放射線を簡単に計れる、家庭用放射線測定器 エア カウンターSは、どのように使うのだろうか?

調べてみると

■目に見えない放射線は、どんな風に計るのだろうか?

・エア カウンターSを地上から1mはなして、水平に構えて測定ボタンを押せばいいです。測定時間は最長2分、計測中に放射線を感知したらブザーがなります。測定完了後には、10秒経過する毎にその直前の約1分間の平均値を表示します。

■どんな所で計ればいいのか?

・自分が気になっているところ、自宅、砂場、近くの公園、家庭菜園、運動場など子供たちが遊んだり、みんなが集まるところなど・・・

■いつ計る

・何時でもいいと思いますが、定期的に決まった時間に計り、それを記憶としてとっておくと、比較ができていいと思います。風向きとか、強さによっても数値が違う場合があると思います。

臭気もなく目にも見えない放射線に、不安を持つより、数値を目で確かめた方が安心できると思います。

 

 

 

 

電気のいらない、歩ける足温器 「レグぽか」

私の毎月1回の楽しみは、月末の土曜日近くの温泉に日帰りで行くことです。

家族風呂で家族と一緒に入る温泉は格別です。

あのイオウの臭い、温泉の肌ざわり何とも言えない至福のひとときです!

私にとっては、家の風呂や近くの温泉センターでは、味わえない幸せがあります。

毎日、行きたいのですが、ちょっと家計の事を考えると・・・

2.3年前に腰を痛めて以来、足の冷えてが取れない私は、特別歩くのには支障がないので、病院に行くまでもないのですが、温泉のように、体(足)を温めてくれて、家計にもやさしいものはないかと探していた時に、テレビ東京で紹介された歩ける足温器「レグぽか」がかなり気になりました。

まるで、足湯のように、ゆるゆると・・・

足湯につかったようなほっとするあったかさを体感できるようです。体温を逃がさない素材で、熱を遮断する性質を活かした電源を必要としないエコな保温具だから、家計にもやさしいです。歩いても床に擦らないように窪みを後下部につけた設計のようです。そして、手洗いモードで丸洗いもできるそうです。

寒い事務所や、台所での家事、試験勉強や車いすのかたなど、いろんなところで活躍してくれそうですよ!

これから、だんだんと温かくなっていきますが、どんなに温かくなっても足元がひえてしまう私には、

歩ける足温器「レグぽか」は、欠かせないもののようです。