家庭用放射線測定器  エアカウンターS

3.11の東日本大震災から1年が過ぎました。

津波でたくさんの尊い命が奪われました。そして、福島第一原発の事故。

安全神話は脆くも崩れ散った。全然安全ではなかった。

予想外の事故だと東電は説明した。予想外なんかじゃない、起こるべくして起こったのだ。

事故が起きることを想定していなかった、起こるわけがないと高をくくっていた。

利益先行だけを突き進んできた結果だ。

今でも、福島第一原発から放射線量は出ているのか、政府は収束したと言っているが、メルトダウンして溶けた穴はそのままでしょう。誰もその場所に入れないのだから。

放射線セシウム、かなり広範囲に飛び広がっているようです。

私の住む岩手でも南部の方ですが、除染作業が行われました。

え、ここまで来ているの?ってビックリしましたが。この小さい島国から逃げる場所なんてないんです。

先日、仕事先で岩手県産の生シイタケをお客さんが持ってきて、このシイタケ岩手県のどこで獲れたかって聞いてきました。やっぱりセシウムを気にしてるんですよね。

ま、店頭に並んでいるのは大丈夫だと思うのですが、心配なら自分で測ってみるしかないですよね。

そんな時に一般家庭でも使える、放射線測定器 エステー エアカウンターS(家庭用放射線測定器)。見やすい、分りやすい、使いやすい。

使い勝手が良さそうです。

 

原発が悪いとは言いません、もっと二重、三重、四重にも安全を確保してほしかった。

使用済み核燃料の最終処分だって何も決まっていない。(トイレの無いマンション)でしたっけ?誰かがうまいことを言っていた。まさにその通り。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です