災害時を想定してエマージェンシーシューズ を準備しておこう

大災害によって交通機関がマヒし外出先から帰宅などが難しくなった人たちを
帰宅困難者といいます。

都市部では、数万から数百万人単位の徒歩帰宅者が出るとみられます。
その備えはできていますか?

災害後は、がれきで地盤が、平坦でない場所や足元が滑ったり、突起物で足を傷つけたり、

する場合があります。

それに対応できるを非常用靴を日頃から準備しておいた方がいいと思います。

 

エマージェンシーシューズは、ベルクロ部分に暗所を照らすLEDライトを搭載した非常用靴です。

 

・中敷下に0.45mmのステンレス板内蔵。

・タン裏に認識証を縫いつけています。

・アウトソールは滑り止め仕様です。

・ベルクロ部分に交換用電池とホイッスルを、

・爪先部分には軽量強化樹脂を内蔵。

・角と縫い目に反射テープを使用しています。

 

エマージェンシーシューズは、いつ起こるか分からない災害のため

準備しておきたい品物の一つですね!

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です