震災時のトイレキットの備蓄も必要!

今日、新聞を読んでいたら、「震災時による脱水時のトイレの使い方」
について書いてありました。

①洋式の便器の場合ですが、大きいポ45リットル程度のごみ袋に
挟んで入れる

②新聞紙をくしゃくしゃにして、広げて 底に敷く

③もう一枚使い、たてよこに変えて敷く

④更に新聞紙を重ねて、短冊状にちぎってばらばらにトイレに
入れる

⑤用を足した後、袋を取り出す

⑥空気を抜いて、小さくし、袋を絞ってごみ収集場所へ
ん~、トイレって絶対必要なので、大量に45リットルごみ袋と
新聞は、いつもストックしておく必要があるとあらためて思いました。

新聞は邪魔になるので、いつもほぼ全て資源回収に出して
しまっています。これでは、ダメですね!

ドラッグストアでも、高価な震災時に備えるトイレキッドが
売れています。
それが、売れているんですよ。買う人は買うんだなと思いました。

今は大丈夫からというのは、安易な考えです。
いつ震災が起こるのかはわかりません。

気になり、ネットで震災の備蓄用品を見ていたら、
エマージェンシートイレキット (大人6日分)というのを見つけました。

これは、凝固剤で固めるため、衛生的で、更に女性でも安心の
生理用品もセットされています。

避難所のトイレは並ばなければならず、不衛生で尚且つ、とても不便です。

やはり、家庭でトイレキットを用意しておくのが一番安心ですよね。
足らなければ、新聞に書いてあった方法も利用できますし。

いろいろな震災時の備蓄は必要ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です