家庭用プール 2013をチェックしてみよう!

 

2013年版の家庭用プールには、どんな種類があるのかな?

今年、2013年は大型で「丈夫な家庭用プール」が売れ筋ですが、
空気を入れずに簡単に準備できるワンタッチプールの人気も侮れません!

他にも、変わったデザインだったり、たくさんのアイディアプールがいっぱいです♪

今回は家庭用プールの通販ショップで人気商品をいくつかご紹介しますね!

 

【家庭用 K-153 58484 ビニールプール】

K-153 58484 ビニールプール

写真を見ても解る通り、かなり大きなサイズのビニールプールです。

大人が入ってもゆったり体を伸ばせるほどの大きさ!
縦が約305cmもあるんですよ~♪

2013年は大きめサイズの家庭用プールが注目をあびています。

ご自宅の庭、テラス、ガレージなどで広げれば、家族専用のプールが出来上がっちゃいます!
夏休みには小さなお子さんも大喜び!

また、家庭用 K-153 58484 ビニールプールは、お手頃価格なのが人気の秘密!
ここまで大きくてこの価格は、正直言ってなかなか無いと思います!!!

暑い夏こそ、ゆっくり涼しい水遊び!本格ビニールプールの涼しさを是非、堪能してくださいね!

 

【セビラー ソフトガーデンプール ハンドポンプ付き】

セビラー ソフトガーデンプール ハンドポンプ付き

こちらは、しっかりした作りの「丸型プール」です。見た目にも丈夫そうな家庭用プールですよね。
家庭用プール 2013 おすすめなのがこの「セビラー ソフトガーデンプール」です。

「大きい」「丈夫」「ポンプ付き」と買って損なしの一品です。

 

家庭用プールで冷たい水しぶきをあげ、最高に気持ちいい夏休みに♪

保護者の方も足まで一緒に入れば、子供たちの面倒も見られて楽ですし、
なんといっても涼しさがたまりません♪

親御さん、おじいさん、おばあさんが子供たちと一緒に水遊びをしてくれれば、
きっと、小さなお子さんには一生の思い出になりますよ~♪

大人の方も一緒にプールに入って水遊び。これこそ「大型の家庭用プール」の特権です!
(ゝ∀・)b

 

大きなものが2013年の家庭用プール売れ筋商品ですが、簡単に準備ができる「ワンタッチプール」や、
キャラクターもの、車の形のもの、ハウス型などなどとにかく種類が多い!

中には、内壁に「海の生き物たち」が描かれていて、3Dメガネを付けて潜ると絵が飛び出して見える凝った仕掛けの家庭用プールまであるんですよ!

【Bestway 3D海賊宝探し!ラウンドプール IFD-180】

Bestway 3D海賊宝探し!ラウンドプール IFD-180

Bestway 3D海賊宝探し!ラウンドプール IFD-180

夏のイベントにも向いている「Bestway 3D海賊宝探し!ラウンドプール IFD-180」で遊べば気分はまるで海中探索!

内壁には「海の生き物たち」が♪

3Dで「絵の金貨」も描かれています。そこに「付属の金貨」を投入すれば、水の中で「本物の金貨」を探すゲームもできちゃいますよ!

この楽しさは、もはや家庭用プールの域を出ています!!

 

王道の大型サイズ家庭用プールからちょっと変わったアイディアプールまで・・・

2013年の夏は楽しめる家庭用プールはたくさん!

お庭や、バルコニー、ガレージなどプールを置くスペースがあれば、いつでも水遊びが楽しめます♪暑いには節電にも役立つクールグッズですよね。

家庭用プールを上手に使って、暑い夏も涼しく楽しく過ごしましょう!

 

 

 

早めに暑さ対策グッズの準備を!

今年こそ、早めに暑さ対策グッズの準備をしなければと思っています。

ここ最近は電力不足や節電計画、計画停電の事が
テレビや新聞でもかなり話題になっています。

5/14、政府の閣僚で構成するエネルギー・環境会議で
今夏の電力需要対策が示され

猛暑や発電所のトラブルなどを想定し
北海道・関西・四国・九州の4電力管轄内で
計画停電を準備する方針が表明されたとのこと。

節電数値目標は、
昨年と比べた節電幅で関西が20%、四国5%以上、北海道7%
私の住む九州は12%で
他の管轄からの融通が増えれば関西は15%、九州10%に節電幅は
引き下げられる。

その中でいったんは、
関西電力管内では企業の節電を法律で義務付ける
「電力使用制限令」なるものの検討されたようですが

なんとかそこまでには今のとこ至らなかったようですが。。

その後各地域若干の節電計画の下げ幅もあったようですが

どちらにしろ、この節電計画は打ち出された地域だけでなく

ほかの地域からの協力も視野に入れてという計画もあるので

これは日本全国で節電を意識しなければならないのは必須です。

そうなると来るべく夏日、猛暑に向けては
早々に暑さ対策グッズの準備をしておかなければいけません。

昨年は早々に扇風機やひんやりグッズ、クールグッズなどの
人気商品は店頭からもなくなったり

インターネット通販でも売り切れ・在庫なし、入荷待ちという文字が目立ってました。

猛暑に突入してからでは今年は昨年以上に売り切れるかもしれません。

九州の昨年比節電幅、10%!

我が家でも早いうちに暑さ対策グッズ、節電対策の準備をしておきたいと思います。