乾燥野菜なら非常時に不足しがちなビタミンを摂ることができます。

今日は長期保存できる乾燥野菜ををご紹介していきます。
kansouyasai_blog02

地震の多い日本ですが、自然災害はいつ起こるかわからないので最低限の備えはしておきたいものですね。

最近では、多くのご家庭で非難場所の相談や非常食などの準備をされていると思います。
まず最初に思いつくのが飲料水、次にご飯やカップ麺などの主食や缶詰などのおかずですが、意外と忘れがちなのが野菜類です。
野菜や果物は長期保存ができないので、災害時はどうしても不足しがちで、栄養バランスが崩れたり便秘になってしまうそうです。
kansouyasai_blog
確かに、大きな災害があった時は自衛隊などの支援や炊き出しがニュースなどでも紹介されていますが、おにぎりやパン、カレーライスなど炭水化物が多いようです。

そんな時に困らないためにも、自分で準備しておきたいのが今日紹介する乾燥野菜です。
賞味期限5年と長期保存が可能な乾燥野菜は、非常食用にピッタリです。

風味と栄養価が高い乾燥野菜
低温蒸気加熱乾燥法で風味と野菜の感触が損なわれず、栄養価が高く、おいしい乾燥野菜です。

野菜の酵素を多く残した乾燥野菜
酵素は熱で壊れてしまいますが、この乾燥野菜は低温で乾燥させるため、酵素を多く残しています。

安心できる国産野菜を使用した乾燥野菜
国産の無農薬・減農薬野菜を100%使用した乾燥野菜ですから、災害時でも安心・安全の野菜を食べられます。
小さな子供さんのおやつとして、そのまま食べることもできます。

使用している野菜は
【ヤーコン】
フラクトオリゴ糖を豊富に含む野菜でカリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルも含まれています。
ya-kon
【だいこん】
でんぷんを分解する働きがあるジアスターゼが豊富に含まれています。
daikon
【にんじん】
カロテンが豊富に含まれ緑黄色野菜代表です。カリウム、カルシウムも豊富で、ビタミンCも含まれています。
ninjin
【玉ねぎ】
硫化アリルが含まれています。
tamanegi
【ブロッコリー】
ビタミン(β・カロテン、ビタミンB群、ビタミンC・Eなど)やミネラル(カリウム、カルシウム、鉄など)食物繊維をバランスよく含んでいる健康野菜です。
特にビタミンCとビタミンB2の含有量は野菜の中ではトップクラスです。
%e3%83%96%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%b3%e3%83%aa%e3%83%bc
【とまと】
赤い色の元のリコピンという成分を豊富に含みます。
ビタミンC/A、カリウム、ビタミンB6なども含まれています。
tomato

食べ方は、いろいろ
1.そのまま野菜スナックとしておやつや間食としてお召し上がりいただけます。
2.水(約100cc~200cc)に約10分以上浸したあと、軽く水を切りサラダ感覚でお召し上がりください。
3.お料理の具材としてお召し上がりいただけます。
・スープ・お好み焼き・ドリア・和え物などetc

使い切りサイズの個包装になっていて、保存が楽。
非常食としてだけでなく、一人暮らしで野菜不足になりがちな方にも手軽にバランスよく野菜を摂れる乾燥野菜をおススメです。