ショップできすぎくんのメタディスクリプションの場所と役割

a0002_007027_m

皆さん こんにちは。

ショップできすぎくんで商品を追加して、ショップらしくなんとなく出来上がったけれど
そのあと何をしていいのかわからない方へ。

難しいことを知らなくても今すぐできることを提案します。
それは、メタディスクリプションを書き直すことです。

メタディスクリプション(meta description)という言葉を聞いたことがない方も
聞いたことがある方も是非知っておいていただきたい内容です。

ここでは、ショップできすぎくんにおいて的を絞ってお話します。

ショップできすぎくんでショップを作る場合
ショップのURLを決めて、ショップ名を名付け商品をショップに登録、保存し
公開ボタンを押せばショップをウェブ上に存在させることができるため

メタディスクリプションの場所がどこにあるのか知らない人がいる。
メタディスクリプションを自分で書き換えられることを知らない人がいる。

ということが考えられます。

ショプできすぎくんではメタディスクリプションを自動で挿入してくれるので
空欄になることはありませんし何も変更しなくても警告の表示が出るわけでもありません。

ですので、知らない人がいても不思議なことではないとも言えます。

自動な故に機械的な説明、他のショップオーナーとも同じ表現になってしまうので、
自分で考えた言葉店長の温かみのある言葉、お客様に有益な情報が的確に伝わるように書き換えると

他のショップとの差別化にも繋がります。
ではショップできすぎくん内において、どう対策ができるのか紐解いて書いていきます。

【メタディスクリプションという言葉の意味は?】

そもそもメタディスクリプションの意味は?

メタはギリシア語の「meta」が由来で「超える」とか「高次の」という意味があり 
最近はカタカナでメタ〇〇 などとネット上で目にすることが増えてきました。

そうです。メタの後にほぼ何か単語が付きます。

ディスクリプションとは「記述」とか「物品の説明」などの意味があり
メタ+ディスクリプションと二つの単語が繋がってできています。

意訳すると「とても大事な説明」と読み解くことが出来ませんか。
作業自体は難しくはないので、心配しないでください。

検索結果では下記画像赤枠部分がメタディスクリプションの位置になります。

meta description

【メタディスクリプションの役割とメリット】

メタディスクリプションは大事であるということが分かりました。
ではどう大事なのかと気になりますよね。

文字数120文字ぐらいを目安に、自分の言葉でショップの各ページの説明を文章にすることで
検索結果で表示されたものをお客様が読んだ際にクリックしてもらうチャンスを作ることができます。

と同時に検索エンジンにもこのショップが何を売っているサイトなのかを理解してもらえます。

検索されたキーワードがメタディスクリプション内にあれば、太字で表記される為
お客様は私が欲しい商品はこのショップにあるかもしれないと期待と安心感を持って

クリックしてくれるので、クリック率が上がる可能性が高くなります。
この時に注意することは、読んで分かりやすい文章にすることです。

メタディスクリプションがお客様とを繋ぐとも言えますよね。

【説明文はどれくらい書けばいいの?】

120文字前後目安に書いていけばいいでしょう。スマホでは50文字程度が表示されます。
ただし、将来、ここの文字数が変わるかもしれません。

【どこにあるの?】

ショップのトップページのメタディスクリプションはここです。
下記画像、1番目赤枠の部分を押すと、自分が作ったショップが表示されます。
過去にたくさんショップを作った方は、その分だけ表示されます。

2番目の赤枠を押すと、トップページのメタディスクリプションの編集場所が
表示されます。画像部分を編集すればいいのです。

top

赤枠部分にカーソルを持っていけば編集ができます。。

meta

書き終えたら、保存のボタンを押しましょう。保存ボタンは押しておかないと、何かの拍子で
消えてしまうので、エクセルやワードを扱う時と同じよう、こまめに保存ボタンは押しておく癖をつけておきましょう。

公開予約のボタンを押した後に編集したものが反映します。

【どう書くの?】

上部でも説明しましたが人が読んで分かる文章、これが大事です。

例1
あなたにおすすめの商品をたくさん取り扱っています。
商品をお探しならもこもこふわラグ通販で!お買い物を是非楽しんでください。
スマホでもご利用いただけます。。

例2
もこもこふわふわの丸型、正方形、ファーラグの通販サイトです。税込8000円で送料無料。
店長おすすめの高品質日本製のラグも人気です。もこもこふわふわのラグ専門通販。

2つを比べてみると例2のほうがこのショップで購入できるかもしれない!!と
お客様に思ってもらいやすいですよね。

自分の言葉で書き換えると他のショップオーナーとの差別化ができるわけです。
しかも僅かな時間で大きな差が生まれます。

【スマホで表示される際】

スマホでメタディスクリプションは50文字程度が表示されるので
120文字の前半の50文字に必ず読んでもらいたいことを書いておくのがいいでしょう。

【スマホ経由での売上が増加しているけれど】

スマホでキーワードを2つ程入力してでてくる検索結果は大手通販サイトばかり
個人のショップはなかなか上位表示されにくい傾向が見受けられます。

ではどうするか。
ショップできすぎくん内の自由ページでお役様の悩み事やふと疑問に思うことの答えを情報として書いて
検索してもらう方法はいかがでしょうか。

そこにアクセスがある場合、その内容に合うトップページや商品ページのリンクを張っておいて
商品を購入するチャンスを作るのです。

そして今回はメタディスクリプションのお話です。
自由ページを作ったら、自由ページにもメタディスクリプションがあるわけです。

ここです。
free page

free page meta

しっかりと自由ページに書かれている内容がどんなものか

トップページのメタディスクリプションの要領で書いていきましょう。
必ず誰かが目にし読んでくれますよ。

最後に

メタディスクリプションはショップできすぎくんのだけではなく 
世の中のウェブサイト、各々のウェブページにありますから

何かを検索した際は他人のウェブサイトのディスクリプションを必ずと言っていいほど
読んでいるはずです。

この説明は丁寧で分かりやすい、この説明は適当だなと気にしながら確認してみると勉強になります。

中にはこのメタディスクリプションの文章が日本語として成り立っていないと
感じるものもあると思います、それはサイト運営者がしっかりとメタディスクリプションを

書いていない場合が殆どで検索エンジンが適当にサイト内の短い文章の単語を
拾って表示していることが多くあります。

少し注意して他の方のサイトのメタディスクリプションを見てみると
いろいろな発見があります。お客様に有益で分かりやすい説明を書いていきましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*